we amplify culture
fourthreesix-171016-130-Web.jpg

Japanese Story

we amplify culture


electronic music - urban art - streetwear


 

four three sixはアンダーグラウンドカルチャーを広める。我々の目的はレコードレーベルとファッションブランドをミリックスすることにある。そこで、オーナーが作成したリミックスの長さ、4分36秒からfour three sixという名前をとった。我々はエレクトロニックミュージック、アーバンアートやストリートファッションから要素を取り出し、それらを真のアンダーグラウンドを表すプロダクトに変えていく。メインストリームから一歩下がって見てみると、そこにはアンダーグラウンドのアーティストたちが存在している。彼らは街中でアートを描いたり、朝の早い時間帯に暗いクラブで音楽を演奏したりして注目されようとしている。地球上のどこにも表面のすぐ下にはサブカルチャーが存在しているが、多くは隠れたところにあり見過ごされがちだ。four three sixはそういったカルチャーを拡張し、アンダーグラウンドを最前に押し上げる。我々のスペシャルエディション、"Wearable Release (着られる音楽)"は3つの要素の組み合わせからなる。まずプロデューサーが音楽のEP(ミニ・アルバム)を作成し、それを受け取ったアーティストがその音楽に基づいてアート作品を作る。そうして出来たアート作品をTシャツに印刷し、さらにTシャツの内側にはトラッキングリスト、タグにはその音楽をダウンロードするためのコードが印刷されている。こうして出来たのが"Wearable Release (着られる音楽)"だ。これらの商品に加え、アンダーグランドのクリエイティビティ、世界中の都市にある隠れたシーンを表現したグラフィックTシャツをコア商品として取り揃えている。また、我々はミックステープも製作しているが、これは本物のカセットに現代のエレクトロニックミュージックカルチャーを録音したもので、オンラインでも視聴可能だ。また我々がコラボレーションしたことがあるアーティストがデザインしたバラエティ豊かなアートワークも取り扱っている。我々はデジタル同様にアナログを信頼し、両者を可能な限り同等に採用しようとしている。我々はもの作りが好きで、ものを作る際には最高のものを目指す。日本の90年代原宿シーンのクラフトマンシップと細部へのこだわりからインスピレーションを受け、全てにおいてどんな細かな点にもこだわっていく。